本文へスキップ
実になる知識をとりいれる 資格と実用書の出版社

2020年度改正法対応 企業不祥事と公益通報者保護法の研究と分析

著者 外井 浩志
価格 3,800円+税
ISBN 9784863341210
判型 A5
発売日 2020年10月19日
発行元 とりい書房

内容紹介

本書は、企業の不祥事に関してそれを防止するための手段である内部通報、公益通報について検討した本である。
企業・団体の不祥事についてはできるだけ詳細にまとめ、保護法の簡略な解説をつけることで資料集としての意味合いも強い。
公益通報者保護法は2006年4月1日から施行されているが、改正法が2020年6月8日に通常国会で可決成立した。
改正法といえども問題として指摘されていた事柄の一部の改正にとどまっており、未だ使い勝手のよい公益通報制度とはいえないが、それでもかなりの部分が改善されている印象である。
本書でも簡略ではあるが、改正法について解説しているので参考にしていただきたい。

 

目 次

はじめに
改正法の概要
第1章 公益通報者保護法の目的とその内容
第2章 現行の公益通報者保護法の内容
第3章 内部通報(公益通報)とコンプライアンスの関係
第4章 コンプライアンスと企業の社会的責任
第5章 公益通報に関する裁判例と留意事項
第6章 公益通報者保護法の改正の動向
第7章 現在の公益通報者保護法の問題点
第8章 改正法の解説
第9章 内部通報制度に関する認証制度
第10章 第三者委員会
第11章 企業の考慮すべき留意点
巻末付録
公益通報者保護法の一部を改正する法律案 新旧対照条文(消費者庁ホームページより転載)


とりい書房

〒164-0013
東京都中野区弥生町2-13-9

TEL 03-5351-5990
FAX 03-5351-5991