『税理士受験生のための
税法条文を読みこなす本』主要目次

はしがき

1. 税って何だろう
・税ってなんだろう
・税にも種類がある
・税目は60以上ある

2.法律だけが税法じゃない!
・法律と命令の関係は?
・地方税の場合には条例が大切
・告示は法令と同様の効果がある?
・判例と裁決
・通達の意義
・租税条約は優先される

3.法令にはルールがある
・法令の構成は決まっている
・法令は整備されている
・2つ以上の法令の適用がある場合のルール

4.税法を読むにはコツがある!
・法令解釈の方法にはいろいろある
・まず目次を確認しよう
・条文の構成はだいたい同じ
・定義は第2条にある
・かっこ書きは飛ばして読む
・長い条文を読むコツ
・計算を算式にしてみる
・端数処理は納税者有利に

5.法令上の慣用語を知っていないと大変!
・『及び』 『並びに』
・『又は』 『若しくは』
・『かつ』 『……と……と』
・『その他』 『その他の』
・『当該』 『その』
・『以上』 『以下』 『超える』 『未満』
・『以前』 『以後』 『前』 『後』
・『場合』 『とき』 『時』
・『みなす』 『推定する』
・『しなければならない』 『ものとする』
・『ただし』
・『この限りでない』
・『この場合において』
・『妨げない』
・『適用』
・『準用』 『読み替える』
・『同様とする』
・『者』 『物』 『もの』
・『係る』 『関する』 『関係する』
・『かかわらず』
・『直ちに』 『遅滞なく』 『すみやかに』
・『金額』 『残額』
・『正当な理由』 『やむを得ない理由』

6.知っておくと便利 〜速算表の作り方と期間の計算〜
・税額速算表を作ってみよう
・給与所得控除額の速算表は算式を展開して作る
・期間の計算は正確に
・期限が日曜日だったら?

7.税法は変わってしまうこともある 〜改正があった場合〜
・改正はこうして公布される
・一部改正の方法
・附則も確認しよう

8.実務では通達も大事!
・通達は法令ではない
・通達にも種類がある
・相続税には財産評価通達がある
・通達の規定の仕方にもルールがある
・通達は官報に載らない

図書案内に戻る