著 者:東海大学教授 遠藤雅守
本 体:1,500円+税
判 形:A5版/299頁
ISBN:9784863340756
発売日:2013年4月24日
 
本書は、関数電卓の使い方を基礎から丁寧に説明しており、かつ三角関数や対数など大学教育で必須の概念を関数電卓を通じて学ぶことができる、いままでにないテキストです。平易な文章とイラストや図解により、初学者でも理解できる内容になっています。

例えば、次のように一見難しそうな数式も、簡単に計算できるようになります。
ぜひ本書を活用して、関数電卓のポテンシャルを引き出し、延長された頭脳として使いこなしてください。



(本書のp144に解説があります)


・Canon、CASIO、SHARP各社の関数電卓に対応

・「標準電卓」、「数式通り」「自然表示」の各入力方式に対応

・基本操作から高度な使い方までをやさしく解説

1. 関数電卓とは何か 7. 時刻と角度
2. 関数電卓の基礎 8. n進数
3. 各種関数の使い方 9. 座標変換
4. 三角関数 10. 複素数
5. 指数・対数 あとがき/索引
6. 繰り返しとメモリー ⇒詳しい目次はこちら


≪遠藤雅守≫
 1965年東京に生まれる.慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業,慶應義塾大学理工学研究科電気工学専攻修了,博士(工学).三菱重工業(株)勤務を経て,2000年より東海大学理学部物理学科専任講師,2004年より准教授.2011年教授
 専門は化学レーザー,光共振器,高出力レーザーとレーザー加工.応用物理学会,レーザー学会,SPIE(International Society for Optical Engineering)およびAIAA(American Institute of Aeronautics and Astronautics)会員. 著書に"Gas Lasers" (Endo and Walter, Marcel Dekker Inc, 2006)がある.

著者のホームページ

≪内容見本≫
(クリックすると大きな画像を開きます)






トップページに戻る

とりい書房ロゴCopyright (C) 1995- とりい書房Torii Shobo. All Rights Reserved