本文へスキップ
身になる知識をとりいれる 資格と実用書の出版社

企業不祥事と公益通報者保護法について 

著者 外井浩志
価格 1,800円+税
ISBN 9784863340930
判型 A5
発売日 2015/3/23
発行元 とりい書房

内容紹介

第1章
公益通報者保護法の目的(企業不祥事とコンプライアンスの確保;ぞくぞく出てくる企業不祥事;通報の必要性とその保護の必要性)

第2章 コンプライアンスと企業の社会的な責任(コンプライアンスの重要性;企業不祥事の分類と具体例;企業の対策)

第3章 公益通報者保護法の概要(目的;公益通報とは;公益通報を受けた場合の措置;解雇その他の不利益取扱の禁止;公務員の取扱い;ガイドラインの内容)

第4章 公益通報に関する裁判例と留意事項(裁判例の紹介;企業の考慮すべき留意点)

資料(通報対象となる法律一覧(445本);公益通報者保護法に関する民間事業者向けガイドライン;国の行政機関の通報処理ガイドライン(外部の職員等からの通報);国の行政機関の通報処理ガイドライン(内部の職員等からの通報);企業行動憲章)

 Amazonで買う HONTOで買う HonyaCLUBで買う

訂正・追記

現在訂正情報はございません。


とりい書房

〒164-0013
東京都中野区弥生町2-13-9

TEL 03-5351-5990
FAX 03-5351-5991